So-net無料ブログ作成

大きな地図で見る

Steve Jobs I を読了した。 [パソコン・インターネット]

遅ればせながらの読了だが、若かりしJobsは本当にいやなヤツだったのだと思った。

中には、Jobsが自己愛性人格障害だと評価するものもあったが確かにそういう傾向はあると思う。そう思わなければ理解できない行動が多く見られるからだ。先だって「Pirates of Silicon Valley」という映画を見たのだが、よく出来ていたと改めて認識した。 Jobsがこのような伝記を残したのは自分のありのままの姿を子供たちに知らせたいという思いが強かったようだが、それにしても、ここまで書くのを許したのかという驚きもあった。死期が近づいていることを誰よりも認識していたのだろうとも感じられた。原作者も優れているが、翻訳も素晴らしいできだと感じた。

IIでは、映画「Pirates of Sillicon Valley」以後の事が書かれているが、瀕死のAppleを救い躍進させた過程が描かれているようで最初の部分を読んだだけだがIより面白そうだ。 


タグ:Jobs
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る