So-net無料ブログ作成

大きな地図で見る

Windows8を使ってみて その2 互換性 [Windows8]

Windows8とWindows7のアプリの互換性についてはどうなのだろうか。

ファイル関係のコードはかなり書き換えられているようなので、デフラグやバックアップ関連のソフトには互換性がない。サードパーティーのソフトをインストールしている場合は各メーカーのバージョンアップを待つしか無い。

セキュリティに関しては、従来無料でMicrosoft Security Essentialsを配布していたわけだが、Windows8では、Windows Defenderに組み込まれたようだ。Microsoft Security Essentialsと他のセキュリティソフトを同時にインストールして動作が遅くなってしまったという経験を持つ人もあるだろうが、それと同じでWindows Defenderを無効にするような機能が無いと不具合が起きるのでこれもメーカーの対応待ちと言うことになる。セキュリティソフトを入れずに使っていたところ、Windows DefenderによってかなりCPUに負荷がかかる状態が発生して、今はWindows8に対応しているAVGをインストールして使っているが、こちらは今のところ問題が無い。

VMWare Workstation8は、起動しない、ゲストの起動時にエラーが発生する等の症状が現れて使い物にならない。9が出たのでバージョンアップして現在テスト中だ。

その他、ネットワーク関連のファイルは互換性がないらしくセットアップ前に削除する事になった。それに伴ってWi-Fiの接続設定も消えて再設定の必要があった。

プリンタードライバーについては、一部を除きWindows7のものがそのまま使えるようだ。

USB3.0については一部変更になったようでI-OデータのHDPA-UT1.0XKがまともに使えなくなった。


タグ:Windows8
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る