So-net無料ブログ作成

大きな地図で見る

すべての道は「Vista」へ通ずる--移行は避けがたい必然 - builder by ZDNet Japan [WindowsVista]

リンク: すべての道は「Vista」へ通ずる--移行は避けがたい必然 - builder by ZDNet Japan.



果たして本当にそうなるだろうか。XPを未だに使い続ける意向は依然として強い。パワーユーザーにむしろ多いと言っても良い。
パワーユーザーは、パソコンユーザーの間では、頼りになる存在なので、パワーユーザーの信頼を勝ち取らなければ、Vistaへの移行は進まないだろう。
ユーザーは、XPで十分満足している。Vistaにしければならないメリットもあまりない。
加えて忘れてならないのは、次期Windowsの早期投入である。Windows7と呼ばれているこのOSが早期に投入されると言うこと出れば、Vistaを飛ばすと言うことが可能になる。

企業にとってはOSのアップグレードを1回飛ばすと言うことは、大きな意味を持つ。企業で利用しているソフトの変更をも1回飛ばすことができるからだ。
Windows7が早期投入されるかどうかは、今までのWindowsの歴史から見て、怪しいものではあるが、MicrosoftがVistaの売れ行きの悪さにたまりかねて早期投入せざるを得ない状況に追い込まれる可能性もある。となると、第二のWindowsMeということになってしまうだろう。



企業では、セキュリティ面の懸念もあり、シンクライアントの導入が多くなってくるだろうが、そうなると、スタンドアロンで動作する巨大なOSは必要ではなくなってしまうだろう。
家庭にしても,ネットとメールだけできればよいと言うことになれば、もっとシンプルなOSでも構わないと言うことになる。機能は制限されるが、すでにワープロや表計算もネット上で利用できるようになっており、普通の人々には十分だろう。



話は変わるが、何故次期WindowsがWindows7と呼ばれるかは、2000の内部バージョンは、5.0。XPは5.1、そしてVistaは6.0であるからである。
7になる以上は、大幅な変更が加えられると言うことになろうが、複雑になりすぎたWindowsを大幅に変えていくのは、容易なことではないだろう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0