So-net無料ブログ作成

大きな地図で見る

Office2010の変わったところ [Office2010]

Office2010の製品版を手に入れて試している。

今までで感じたことは・・・

ショートカットメニューで貼り付けのオプションボタンが表示されるようになりとても便利になった。これによってコピー&ペーストの作業の手間は大幅に省けるだろう。

Wordでは、本文中のテキストもワードアートと同じような書式に設定できるようになった。これは、PowerPoint2007で実現されていたことだ。 もう一つ図形に文字を入れるときWord2007では、右クリックして「テキストの追加」が必要だったが、Word2010では、Excelと同様に図形を選択した状態で入力を始めると図形にテキストが入力できるようになった。

PowerPointでは、アニメーションがすばらしい。スライド切り替えのアニメーションでは、 iTunesのカバーフローのようになめらかに動く。

64ビット版をインストールして使っているが、起動が目に見えて速い。動作もスムーズである。但し64ビット版では、32ビット版のOfficeと共存不可なので旧バージョンはすべて削除する必要がある。 また、AccessのOLEDBも、64ビット版に変更されるようで、OLEDBを利用している自作ソフトは修正を余儀なくされた。

機能の拡張によりファイル形式は2007と同じであるものの、2007で作成したファイルは互換モードとなり、2010で追加された機能が制限される。

Wordで試してみたが、2010で追加された書式を設定して保存し、2007で開いて編集して保存したところ、2010で追加された機能は、削除されてしまった。これも、2007が出たときほどではないにしろ、互換性の問題となってくる可能性はある。

それでもOffice2010は、使って価値のあるものだと感じた。2007を使っている人はもちろんだが、2003を使っている人も乗り換えて損はないと思う。


タグ:Office2010
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0