So-net無料ブログ作成

大きな地図で見る

Office2010は使えるか [Office2010]

Office2010が発売されたがアップグレードするべきなのか?パーソナルユーザーの場合は、パソコンの買い換えを機にということになるだろうが、ビジネスユーザーにとってもいずれは変わっていく運命にあるだけに、無視することはできない。

機能の拡張、動作速度の改善、これらは十分にアップグレードするに値するものだ。

使い勝手はどうかというと、Office2007からの以降ならば全く問題はない。Office2007より使いやすいと感じるだろう。

Office2003からはどうなのか?これについては、インターフェースになれるのにOffice2007へと移行するのと同程度の努力が必要だろう。ただし、リボンのカスタマイズができるようになったのでOffice2007よりは、ハードルが下がったと言える。

ファイルの互換性については基本的に2007と同じなのだが、2010でさらに拡張された機能については、2007で開くと見かけが変わったりする。特にWordは、文字の書式設定が拡張されたので要注意だ。

たとえば、Word2010で拡張された機能を使って作成した文書をWord2007で編集して保存すると、拡張された機能を使った部分はWord2007で使える機能に置き換えられてしまう。

逆にOffice2007で作成したファイルをOffice2010で開くと、互換モードになり、Office2007で使える機能しか利用できなくなる。これは、ファイルをアップグレードすることによって解除できる。

こういった問題があっても、いずれはリボンインターフェースが当たり前になり、いやでも、バージョンアップしなければならないときが来る。その時のために、早めになれておいた方が良いと言える。

2007と2010の間にもわずかではあるが、互換性問題が存在すると言うことだ。XML形式になったことで拡張が容易になった反面、新しいバージョンとの微妙な互換性問題がバージョンアップのたびに発生するであろう事が予想される。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0