So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

大きな地図で見る

Windows Developer Preview を使ってみた [Windows8]

仮想マシンにインストールしてみた。VMWareはx86版もx64版も初期段階でエラーが発生しインストール不可だった。VirtualBoxは、x64版はVMWareと同じくインストール不可だったのだが、x86版はインストールする事が出来た。

インストールは30分弱で終わり、非常に速いと感じた。

インストールが終わってまず現れるのがMetroの画面。

win8_1.jpg

この画面で左端の上から3番目のでかいボタンをクリックすると、Windows7でなじみのデスクトップが現れる

win8_002.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

左下のスタートボタンはWindows7と違ってクリックするとMetroの画面に戻るようになっている。スタートメニューは出ない。

win8_system.jpg

 

 

 

 

 

 

 

システム情報

win8_003.jpg

 

 

 

 

 

 

 NoteSpace OneNoteほどの機能は無いが、同じような使い方が出来そう。

win8_IE.jpg

 

 

 

 

 

 

 IE10。デスクトップから起動した時と、Metroから起動したときでは画面が違う。これは、デスクトップから起動した画面でIE9とほぼ同じ。

win8_IE003.jpg

 

 

 

 

 

 

これは、Metroから起動した画面。ページが全画面で表示されるが右クリックすると、ツールバーが現れる。

win8_IE004.jpg

 

 

 

 

 

 

これは、デスクトップから起動してF11キーで全画面表示にした状態。画面下部にタスクバーが表示されている。

win8_of.jpg

 

 

 

 

 

 

Office2003をインストールしてみた。こんな風にMetroの画面にボタンが追加される。Windows8に対応したソフトなら良いだろうが、そうでないソフトは後で自分でボタンを整理する必要がありそう。

win8_word.jpg

 

 

 

 

 

 

Wordを起動してみた。起動してしまえば今までと同じ。

これからまだ変わるのだろうが、今のままでは、タッチインターフェースが無いと不便だと感じることは間違いなさそう。ノートPCは、Mac Book のようにでかいタッチパッドが必須になりそうな感じ。デスクトップは、タッチパネル採用のものが今より増えそうだが、いちいち画面にタッチでは作業効率が悪いので、やはりAppleのMagic Tracpadのようなものがあると便利そう。

Mac OSX Lion の場合はiOSのインターフェースであるLaunchpadは、 控えめな存在であるのに対して、Windows8のMetroは、出しゃばりすぎているような気が。タブレットで使うのならいいのだが、デスクトップではちょっと・・・という感じがする。


タグ:Windows8
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0